中高熟年40歳、50歳、60歳代の初めての再婚あれとかこれとか

中高熟年40歳、50歳、60歳代の初めての再婚あれとかこれとか 再婚活の始め方

初めての再婚を望む人、一度は挫折を体験して再び挑戦する人、人生それぞれ。

40歳代50歳代60歳代というものは人としてなにかと充実してくる年代ではないか?

離婚するにしても死別にしても一つの区切りが舞い降りてくるような年代かな。

そこからもう一度人生を創り直す期間でもある。と考えると面白い楽しい時代かもしれないな。

 

人生のパートナーを見つける過程さえ楽しんでいくものだ。

辛い思いや苦労、不安を抱えながら必死の思いを持ちつつ行くのではなく、快適な環境を作りつつ走り始める。

 

すべての準備が整ったら始める。などという愚を冒してはいけない。「動中の工夫は、静中の工夫に勝ること幾千億倍」というではないか。

離婚にしても死別後にしても多くの恐れや不安を抱えながら今後の人生の行方に思いを馳せて見たときに、今このときから始める、肩の荷が下りたいまがチャンスと感じられたら即行動に変えるのだ。と筆者は思う。

筆者自身の経験だけれど、死別後に過ごした年月に勃然と体験したことも含めて書いていこうと思う。

 

 

バツ一・二・三で再婚談義

バツイチと死別・再婚感には大きな違いがあるわけで・・・

《恋と愛と情》はそれぞれちょっと違う感情。 若い頃、10代20代の年齢の頃は好きになったら猪突猛進でした。または遠くから彼女(彼)の姿を眺めるているだけで幸せでした。でも夜は熱い想いに身を焦がしそうになりながらなんとか生きてきまし...
再婚活の始め方

再婚の掟:その31「もう1度良い婚姻生活を手に入れる方法」

そろそろこういうことをけっこう本気で理解しておかないと《新しい良い再婚》はできない。 彼女(彼)のどこが本当に好きだったのか? 別離のあと、離婚にしても死別にしても重要なところ。 別れたその後の時間をどう過ごすのか?過ごし...
やもめな再婚談義

このまま独りでも良いよ~だ。 やもめだから・・・

筆者、フラれるたびにそう思う。 このまま独りのままで一生を終えてもかまわない。 なんてね、でもそれって、何かを妥協というか売り渡すと言うか、ボーダーラインを超えたと言うか、そうなったらフラレてもしゃあないな、と思...
やもめな再婚談義

やもめ同志の再婚は・・・難しい?なんで?

やもめ同士(同志)の再婚というのは難しい、、、と考えがちだけれど、ちゃんと死別者、やもめ、寡婦や寡夫になった人同士だったら行けるような気がするのです。 そう、「ちゃんと」なのです。ちゃんとね。 しっかり深く沈み込んで思い悩んだ...
再婚活の始め方

結婚するなら・・・

勝手に幸せでいてくれる人を選びなさいよ。 たとえひとりでいるときでも自分で自分の機嫌を取れる人がいい。 そんな人をもっと幸せな気分してあげたいと思えたときに結婚する。 でもなかなかいないかな。
再婚活の始め方

40代、50代の再婚?いや!そうじゃなくて・・・

60代の再婚だってありだよね。 我々が子供の頃の60歳代の方って本当にお爺ちゃん、お婆ちゃんだったりしてとても再婚して第2の人生って見えなかったのだけれどイザ自分たちがその年齢に近くなってみると気持ちとしては40代や50代のころの気分...
再婚活の始め方

《熟年再婚》若いうちに結婚してしまった・・・

先日みつけた言葉 「結婚なんてのは若いうちにしなきゃだめなの、物事の分別ついたらできないんだから」(樹木希林さんらしい) コレを読んで感心してしまった。 確かになぁ・・・ 若い内ってのはまだそ...
やもめな再婚談義

やもめの再婚に必要なこと

やっぱりまた誰かと暮らすなら整理しておくべきことがたくさんあるのではないですか? 「いや、あと、もう少しだ」あとひとつかふたつ心の整理が済んだらきっと大丈夫という人もいることでしょうね。 心の整理・納得 筆者も同じやもめでありますが、死別を...
男と女・あんなことやそんなこと

結婚か再婚か再々婚か

結婚は顔を赤くするほど嬉しいものでもなければ、恥ずかしいものでもないよ。それどころか、結婚をして一人の人間が二人になると、一人でいた時よりも人間の品格が堕落する場合が多い。(夏目漱石) これだけ離婚率が上がってくると最初の結婚とい...
バツ一・二・三で再婚談義

恋愛結婚の離婚率が40%という現実を考える

恋愛結婚をしたカップルの離婚率が40%、お見合いで結婚したふたりの離婚は10%だそうだ。 この事実から考えられることをまとめておこうと思うのだ。 勢いだけの恋愛結婚はいつか終わる日が来る つまりは、一気に燃え上がった恋愛で...