中高年が離婚からの再婚を考える

中高年が離婚からの再婚を考える バツ一・二・三で再婚談義

離婚率がどんどん高まって行く日本。一度目の結婚がお試し期間のような気もしてきませんか?

実際それでも良いのかもしれない近頃と考えるようになりました。《バツイチやもめのMr-Moai》でございます。

そして人生100年時代が来そうな昨今40歳、50歳、60歳なんてまだまだ若造と言われそうで、中高年と呼ばれる年齢でも、現在の平均寿命から考えてみてもあと何十年もあるわけで、その期間をずっと独りで生きますか? と調べたこと、考えたことをエッセイ記事として書いていきます。

 

もしかしたら初めての結婚を考えている中高年もいらっしゃるかもしれないけれど、ここは一度は結婚生活を経験したかたを対象に発信しますので了解してくださいね。

 

バツ一・二・三で再婚談義

バツイチと死別・再婚感には大きな違いがあるわけで・・・

《恋と愛と情》はそれぞれちょっと違う感情。 若い頃、10代20代の年齢の頃は好きになったら猪突猛進でした。または遠くから彼女(彼)の姿を眺めるているだけで幸せでした。でも夜は熱い想いに身を焦がしそうになりながらなんとか生きてきまし...
バツ一・二・三で再婚談義

恋愛結婚の離婚率が40%という現実を考える

恋愛結婚をしたカップルの離婚率が40%、お見合いで結婚したふたりの離婚は10%だそうだ。 この事実から考えられることをまとめておこうと思うのだ。 勢いだけの恋愛結婚はいつか終わる日が来る つまりは、一気に燃え上がった恋愛で...
バツ一・二・三で再婚談義

だからこそ、紙切れ一枚で決まってしまう結婚をしない選択もあるだろうね。

結婚というのは最終的に効いてくる契約だ。と考えるときにそんな紙切れ一枚に左右されるような状況を自ら求めようとは思わない。 そういう選択もあって良い。 生活とか・・・金銭的な不便を解消するための結婚、再婚はもうした...
バツ一・二・三で再婚談義

別離を経験しているからこそ結婚しなくても長~く付き合いたいと思える相手を探したい。

若い人の話ではないよ。 もうね、子育ても終わって一定の年齢になっている人が、なんらかの事情によってまた独りに戻ったあとの話だよ。 一緒に暮らしたい。ということであればそれはそれでいいのだ。 結婚すればいいのだよ。 ...
バツ一・二・三で再婚談義

一度は結婚してもらったの、離婚と死別の同じとこ

あんまり抱え込まないように・・・ そうなんだよ。 考え方次第だよ。 一度は結婚させてもらって曲がりなりにも夫婦生活をおくることができて、さらには子供まで授かることができて家族として暮らすことができたんだもの...
バツ一・二・三で再婚談義

夢見勝ち再婚はしたくないな。

確かに、人間いくつになっても恋はするようだ。 若いころはそのまま、愛に発展して結婚、ということもあるだろうけれど、、、いやそれがほとんどかな。 若いころの結婚は夢見勝ち結婚だ。と決めつけるつもりはない。 しかし、どんな形(...
バツ一・二・三で再婚談義

バツイチがどうにもうらやましくてさ

相手が生きてるだけ良いじゃんか! これがすべてだ。 どんなに憎かろうと、 逆に、 どれほど失いたくなかったとしても、 生きてるじゃん!! うらやましいよ。 ...
バツ一・二・三で再婚談義

40代、再婚しない選択だってありかもな。血は水より・・・

先日、若くして20歳くらいで結婚して娘が生まれたがよくあるように、最後は離婚になったのだけれど、その後は再婚せずシングルマザーの一人親として娘を立派に育て上げたお母さんの美人母娘の番組をみたのだけれど・・・ おじさんは、ちょっ...
バツ一・二・三で再婚談義

再婚考察「人は常に何かを学んでいる」

結婚って良かったかい? そう思うときがある。正直言ってね。 ここに来る人は、何らかの形で別離を体験している人、だと思う。 なにかを学んだよね? きっとそうなんだよ。自覚しているかどうかはわからないにしても、なにかを学んだ...
バツ一・二・三で再婚談義

娘夫婦を見ていると思い出す

若い夫婦を親の立場で見ていると、「危ういなぁ」と思うことがちょくちょくあるものだ。 もっと、こうすればいいのに・・・と思うのだけれど、おそらくは当時自分たちもそうだったはずだ。 そのころは、「いや俺たちなら絶対大丈夫!!」などと...