夫婦死別を体験したやもめが再婚を考えたときに必要なこと

夫婦死別を体験したやもめが再婚を考えたときに必要なこと やもめな再婚談義

男にしても女にしても、夫婦の死別経験者であるやもめが再婚を考えたときに、いくつか心に引っかかるものがあるだろう。

その躊躇のために再婚の機会を逃すこともあるだろうし、踏み切れずに断ることもある。

安心しておくれ、筆者《やもめのモアイ》でもあってあなたと同じく死別の経験者です。

ですから少しはあなたの気持ちは理解できるつもりです。

40代でやもめとなりまして、平均寿命までは生きそうなものですからあと40年?どうやって生きようか? と考えたことや思うところ、これからやもめで再婚ということについてどう考えるべきだろう? そういう話を発信します。

寡婦ではなく寡夫のほうです。

 

やもめという人種

人種という言い方をしましたが特に差別意識で書いているわけではないですよ。

 

我々やもめというのは差別とかそういうものじゃなく、逆に閉じ籠もりますよね。

誰とも話したくないということもあるでしょうし、人前に出て、「相方を亡くした人だ」という心の声が聞こえるような気もして・・・そういう年月が誰にでも必要なんですよ。

でも少しずつ、徐々に、心の修復が進むのです。

そうしたときに将来や未来のことを考えるようになるのです。

ここはそういう心境になったやもめさんのためのカテゴリーです。そのへんにまだ到達していないなぁって方は「やもめのまんまつらつらと」が良いでしょう。

罪悪感であったり、まったく変わってしまった死生観や厭世観であるかもしれない方は「やもめのまんまつらつらと」にどうぞ、筆者は同じ。

 

バツ一・二・三で再婚談義

バツイチと死別・再婚感には大きな違いがあるわけで・・・

《恋と愛と情》はそれぞれちょっと違う感情。 若い頃、10代20代の年齢の頃は好きになったら猪突猛進でした。または遠くから彼女(彼)の姿を眺めるているだけで幸せでした。でも夜は熱い想いに身を焦がしそうになりながらなんとか生きてきまし...
やもめな再婚談義

このまま独りでも良いよ~だ。 やもめだから・・・

筆者、フラれるたびにそう思う。 このまま独りのままで一生を終えてもかまわない。 なんてね、でもそれって、何かを妥協というか売り渡すと言うか、ボーダーラインを超えたと言うか、そうなったらフラレてもしゃあないな、と思...
やもめな再婚談義

やもめ同志の再婚は・・・難しい?なんで?

やもめ同士(同志)の再婚というのは難しい、、、と考えがちだけれど、ちゃんと死別者、やもめ、寡婦や寡夫になった人同士だったら行けるような気がするのです。 そう、「ちゃんと」なのです。ちゃんとね。 しっかり深く沈み込んで思い悩んだ...
やもめな再婚談義

やもめの再婚に必要なこと

やっぱりまた誰かと暮らすなら整理しておくべきことがたくさんあるのではないですか? 「いや、あと、もう少しだ」あとひとつかふたつ心の整理が済んだらきっと大丈夫という人もいることでしょうね。 心の整理・納得 筆者も同じやもめでありますが、死別を...