恋愛結婚の離婚率が40%という現実を考える

バツ一・二・三で再婚談義

恋愛結婚をしたカップルの離婚率が40%、お見合いで結婚したふたりの離婚は10%だそうだ。

この事実から考えられることをまとめておこうと思うのだ。

 

勢いだけの恋愛結婚はいつか終わる日が来る

つまりは、一気に燃え上がった恋愛で勢いで結婚しても長続きはしない。ということでしょうな。

もちろん恋愛結婚の6割の夫婦は恋愛中も結婚生活のでも、冷静な部分を持っていて、デートのときやその後の生活の中でも相手と自分をもう1度見つめ直して人としての付き合い方を変えていくことができる人々ということが言えるのではないだろうか。

その6割の中には生活のための「あきらめ」とか「仮面夫婦」でいるしかないような人も混じっての6割だからね。

そう考えるともしかしたら5割くらいなのかな、恋愛結婚をしてその後も幸せに暮らしていける人は半分!!

性欲結婚

自分の若いころ? 結婚適齢期の若いころを思い出すとどうしようもなく恥ずかしくなるのだ。

もう塊であった。あくまでも自分だけを評するけれど、まるで《猿》だった。

ちょっと同感、なんて人も読者の中にはいるのではないだろうかね。(いて欲しい・・・)

生命力がもっともあふれ出している時なのだから仕方がないともいえるけれど節操のない世代でもあるとも思うのだ。

また、そういう世代に結婚の条件などというものを冷静に持っていられてもモアイは共感できないぞ・・・って話でもある。

いいのだ。もう猿で良い。猿であってほしい!!

でも、そうだなぁ、若い人は、結婚という幻想?みたいなものに早いうちに気が付いてきているのかもな。とも思う。モアイなんてつい最近なのにね。

そのなんだろう、恋愛観とか結婚感が変わっていく過渡期? 恋愛はするけど結婚は別よ!に変化して行くのかもな。(それはそれでいいと思うのだ)

 

要するに若いころには性欲結婚は本当はありだと思うよ。

良いんだよそれで、そして結婚生活の日々を過ごしていくうちに、ほんとにいろんなことを考えて変えて、変わっていくんだよ。

 

それこそ、

「この人で良かったんだろうか」

「こんな人だとは思わなかった」

「なにその性癖・・・」

ってね。

 

初めて結婚ということに冷静になるときが来るのだろうね。

 

 

現実に対応できなくて、

そのときに、「無理、ムリだから、私にはできない、続かない」という結論を出した人たちの数字が4割なのさ。

芸能人なんかにもたくさんいるじゃない。離婚と結婚を繰り返している人。

バツ三とかバツ四を自慢げに語っているバ〇!

結婚に向かない人なんだよ。でも、ないからこそ、むかないからこそ、求めてやまないのかもしれない、とも思っているよ。それこそ人間だもの♪

 

自分は変えたくない、でも相手には変わってほしい。

頭が固まってしまうとそういうことになるのだろうし、自分が変わることを良しとしない人も、絶対に自分が正しい。と押し通してしまう人もね。

 

で、そのまま再婚したって同じ結果だと思うのだ。

 

なぜお見合いの離婚率が10%にとどまるのか?

もうどうしてかって、分かるよね。

最初から冷静なんですね。

結婚したい。ということに本気なんですね。

だから相手のこともしっかり視るし、冷静に想像もする。

 

それこそ夜の生活だって考えるでしょうよ。

抱いたり抱かれたり?

想像するでしょう?(いや、私はするから・・・もうあんなことやこんなこと)

将来のことだって、それこそ冷徹に非情に想像どころか予測するところまでかんがえるんじゃないかな。

そこまでくると、失敗する可能性というのが少なくなることでしょうよ。

 

お見合いということは間に入る人の観察眼も加味される

そういうことです。

例えば、結婚相談所というところは《人を観る》ということに関してはプロですよ。

そりゃぁ人間完璧な人はいないけれど、最初からそんなプロなんていないです。

でも、「プロであろうとする人」はいるわけです。ビジネスとして行動するからこそお客には喜んで欲しいはずなんです。とにかく紹介すれば金になるからなんてやっていると長く続くわけがないんですよ。

そう考えると長く続けてこれたところというのはそういうところです。

 

そういう人たちに観察眼、経験を活かして、この人なら、という人を紹介してもらうなら、さらに可能性が増すということです。

当然に恋愛よりも離婚率が圧倒的に少ない。という当たり前の結果に結びつくことになるのですね。

 

なんで結婚相手にも見栄を張らなきゃいけないんですか?

嘘をついたり、自分を大きく魅せて結婚したとしてもあとで苦しむのは自分ですからね。

 

自分の冷静な眼と人を見抜くプロの意見を掛け算したら失敗するわけがない。(といっても10%はいるわけで・・・)

 

正直に行くことです。モアイはそう思うのです。

 

【あとがき】

あ~やっぱりこの結婚とか再婚の話題は別なサイトにしてよかったなぁって・・・

正直に書けるわ。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました